News releaseニュースリリース

北海道新ひだか町における 大規模蓄電池付メガソーラー発電所「新ひだかソーラーパーク」建設開始のお知らせ

  この度、北海道新ひだか町において、スマートソーラー株式会社(東京本社:東京都中央区、代表取締役社長:手塚博文、以下当社)は、タイ王国にて太陽光発電事業を行っているSSP社(Sermsang Power Corporation Co.,Ltd)との協業により、大規模蓄電池付メガソーラー発電所の建設を開始いたしましたので、お知らせいたします。

蓄電池付メガソーラー発電所の概要

▷ 事業主 :合同会社SSひだかの森
▷ 発電所名 :新ひだかソーラーパーク
▷ 最大出力  :17MW (太陽電池パネル設置容量:21MW
▷ 蓄電池容量:9MWh(リチウム蓄電池)
▷ 年間予想発電電力量
     :2,260万kW(一般家庭約6,500世帯相当の年間消費電力量)
▷ 買取価格  :40円/kWh(消費税含まず)
▷ 売電開始 :2017年11月(予定)
▷ 環境貢献  :石油削減効果(5,132㎘/年)
       二酸化炭素削減効果(12,500t-CO2/年)

本発電所の特長

① 発電は、雲などの影響により発電電力が大きく変動します。その変動を抑制し、且つ、出力制限にも対処する為に、当社は9MWhの日本最大規模のリチウム蓄電池とその制御システムを開発・導入致します。
② ゴルフ場の自然の地形を生かしたまま太陽電池パネルを設置する為に三次元架台「スマートアレイ2X」を開発しました。

 

 ご承知の通り、地球温暖化防止と持続可能な社会の構築は、世界の国々の喫緊の課題です。太陽光発電は、その課題を解決し、我が国のエネルギー自給率を高める地域エネルギーです。今後は、分散型・蓄電式太陽光発電システムを核としたスマートシティ社会へ進むものと考えます。
 そうした中で、当社は、全国各地に14ヶ所、合計27MWのメガソーラー発電所を開発から建設まで行ってきました。更に、道内に新ひだかソーラーパークと紋別を含め、全国14ヶ所、合計150MWの発電所の開発・建設を推進しています。

本蓄電池付太陽光発電所には「平成26年度補正予算 再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(再生可能エネルギー発電事業者のための蓄電システム導入支援事業)」が交付されます。

 

◆出 資 者

社   名 スマートソーラー株式会社
所  在  地 □東京本社:東京都中央区日本橋兜町13-1

TEL:03-5623-2345

□スマートソーラー技術研究所:
千葉県木更津市かずさ鎌足三丁目9番地1

事 業 概 要 ⑴  メガソーラー発電所の開発・建設・保守管理・リフォーム事業

⑵  発電事業化推進・証券化等アレンジメント・コンサルティング事業

⑶  学校・公共施設・高速道路等蓄電池付太陽光発電システムの開発、設計、事業化等事業

URL http://www.smartsolar.co.jp

社   名 ②

Sermsang Power Corporation Co., Ltd.    (SSP)

所  在  地

325/14 Lanluang Road, Mahanak Square Dusit, Bangkok 10300, Thailand

事 業 概 要

タイ王国にて52MWの太陽光発電所を所有し、再生可能エネルギー事業を世界的に企画・投資・運営している。

URL

http://www.sermsang.com

 

報道関係者各位 お問い合わせ先

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町13番1号 TEL03-5623-2345 FAX03-3663-0881
スマートソーラー株式会社 広報宣伝部 Mail pr@smartsolar.co.jp

閉じる