News releaseニュースリリース

「道の駅木更津 うまくたの里」に 次世代自家消費型大容量蓄電池付太陽光発電システム 本格稼働開始のお知らせ

この度、スマートソーラー株式会社(東京本社:東京都中央区、代表取締役社長:手塚博文、以下当社)は、千葉県木更津市における初の道の駅施設「道の駅木更津 うまくたの里(以下本施設)」に大容量蓄電池付太陽光発電システム(以下本システム)を設置し、平成291220日に本格稼働を開始いたしました。

本システムは、「太陽電池モジュール(81kW)」で発電した電力を蓄電池(81kWh)に充電しながらDCリンク方式のハイブリッドパワーコンディショナ(82kW)により直流電力を交流電力に変換し、本施設の全ての電力負荷(全設備容量約280kVA)にクリーンなエネルギーを供給する、次世代自家消費型太陽光発電システムです。

本施設の消費電力(需要電力)及び太陽光発電電力、蓄電池の蓄電容量は、スマート・エネルギーマネジメントシステム(以下SEMS)によりリアルタイムで計測・管理され、電力会社の高圧系統に逆潮流されること無く、全て自家消費するシステムです。

本システムではSEMSによって全電力の見える化を行い、詳細に需要電力を把握すると同時に、太陽光発電電力と蓄電池の蓄積電力の最適化により系統からの買電電力を抑制し、電力費用の低減を実現します。写真①

また、災害時は避難所となる道の駅において、電力のライフラインの確保の為に、系統からシステムを切り離し独立した電源として、あらかじめ設定された重要設備に電力を供給することができます。

本システムの特長

① 高効率太陽電池モジュール335W(電力変換効率20%)を242枚(81kW)設置し写真②、国内初納入のスマート・パワーステーション(SPS)には、大容量蓄電池(81kWh)とDCリンク方式のハイブリッドパワーコンディショナ(82kW)、そしてSEMSをパッケージ化して開発した新システムを設置しています。
② 本施設全設備容量(約280kVA)に対し、太陽光発電と大容量蓄電池により、ピーク電力を安定的に約50kW削減します(ピークカット)。それにより、電力の非化石化と買電電力量の大幅削減を図ります。

③ SEMSにより、施設全体の消費電力量の約2030%の買電電力量を減らすことが可能です。(晴天時)また、本システム全体の動作を常時遠隔で監視しています。蓄電池も含め15年の性能・機器保証を実現し、安心して運用することが可能になります。

(写真1:S・EMSの効果:消費電力量に対して買電電力量の削減がわかる、見える化装置) -平成30年1月4日実績値

本システムは、FITを使用しない自家消費型である為、市の使用電力の非化石化を実現していくモデルとなるものです。

日本全国には道の駅が1,134ヵ所あり、様々な取り組みが行われていますが、クリーンな電力によるピークカットと災害時の電力確保を実現した本システムは、次世代の大容量蓄電池付太陽光発電システムとして導入が加速していくものと確信しています。

尚、本システムは環境省「平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」に採択され、今後国内に広く応用可能な優良事例として認められました。

地球温暖化防止と持続可能な社会の構築は、世界の国々の喫緊の課題です。

太陽光発電は、その課題を解決し、我が国のエネルギー自給率を高める地域エネルギーです。今後は、大容量蓄電池付太陽光発電システムを核とした分散型エネルギーネットワークのスマートシティ社会へ進むものと考え、その技術開発に挑戦してまいります。

(写真2:施設屋根に設置された合計81kW(335W×242枚)の高効率太陽電池モジュール)

(写真上:「道の駅木更津 うまくたの里」空撮)

 

大容量蓄電池付太陽光発電システムの概要

【設置者】      木更津市

【運営会社】     株式会社TTC

【施設名】      「道の駅木更津 うまくたの里」

【最大出力】     81kW(太陽電池パネル設置容量)

【年間予想発電電力量】76,310kW
(一般家庭約24世帯相当 ※3,200kWh/年・世帯)

【発電開始】     20171220

【環境貢献】      石油削減効果(17.3/),二酸化炭素削減効果(44t-CO2/)

 

道の駅木更津 うまくたの里 施設概要

路  線  名

路線名:一般国道410

所  在  地

千葉県木更津市下郡13691

敷 地 面 積

9,500平方メートル

施     設

駐車場99台、トイレ18器、農林水産物・加工品等物販施設、飲食施設

情報発信・観光案内センター、地域コミュニティスペース、イベント広場

特     徴

ブルーベリー(無農薬)の主要な産地として生ジュース、ゼリーなどの商品開発実績を背景に、さらなる6次産業化の推進と商品・メニュー開発等における女性の活躍の場の拡大。グリーンツーリズムや里山セラピー等の活動拠点、交流コミュニティスペース

設計・施工監理・O&M

社   名

スマートソーラー株式会社

所  在  地

□東京本社:東京都中央区日本橋兜町13番地1号

TEL:03-5623-2345

□スマートソーラー技術研究所:

千葉県木更津市かずさ鎌足三丁目9番地1

□京都支社

京都府京都市下京区立売西町60番地 日本生命四条ビル8階

事 業 概 要

⑴ 大規模太陽光発電所事業(開発・EPC・O&M・企画・運営等)
⑵ 公共・産業用スマートシティ事業(ZEB・BEMS・売電等)
⑶ 住宅用太陽光発電事業(ZEH・HEMS・蓄電池等)
⑷ グリーン電力事業、保守管理事業

URL

http://www.smartsolar.co.jp

報道関係者各位 お問い合わせ先

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町13番1号 TEL03-5623-2345 FAX03-3663-0881
スマートソーラー株式会社 広報宣伝部 Mail pr@smartsolar.co.jp

閉じる