Case study導入事例

北海道紋別市弘道太陽光発電所

発電所概要

発電所データ

  • 年間発電電力量

    18,993MWh

  • 設備容量

    15.7MW

  • 石油削減効果

    4,311.5㎘/年

  • CO2削減効果

    10,541.3t-CO2/年

本発電所の特長

① 本発電所には、塩害対応高効率多結晶太陽電池モジュール285Wを55,104枚 (15.7MW)採用し、積雪対応の三次元アルミ架台に取付、アレイフィール ドを構成します。
② その出力は1MWPCS13台により直流から交流に電力変換されます。その電 力は北海道電力が要求する変動率1%/分をクリアする必要がある為、次世 代高容量リチウム蓄電池(40FTコンテナに2MWh)と双方向PCS・充放電制 御システムによって、安定化した電力として系統に連系されます。
③ 敷地内に北海道電力の送電鉄塔がある為、敷地内に受変電所を設け66kV に昇圧し連系しています。

概要

竣工日
所在地 北海道紋別市弘道2448-1 他
PCS容量 13MW
太陽電池容量 15MW
ステータス 建設中
事業主 合同会社SS紋別1
設置タイプ 野建て
設備容量 特別高圧
特記事項 8.3MWh

地図

掲載情報