Case study導入事例

北海道釧路遠野太陽光発電所

発電所概要

発電所データ

  • 年間発電電力量

    39,179MWh

  • 設備容量

    33.3MW

  • 石油削減効果

    8,893.8㎘/年

  • CO2削減効果

    21,744.8t-CO2/年

本発電所の特長

①太陽光発電は、雲などの影響により発電電力が瞬時に大きく変動します。 その出力変動を抑制し、出力制限にも対処する為に、当社は道東地区では最大の 14.4MWhのリチウム蓄電池とその制御システムを開発し、導入致します。
②当地は、なだらかな丘陵地である為、当社開発の 3 次元架台『スマートアレ イ』により、その地形に合わせた最小限の造成と5エリアにパネルを分散配置しま す。太陽電池設置容量は 34MW、年間 3,837 万 kWh の電力を発電いたします。 その発電電力量は、一般住宅約 11,600 世帯分相当となります。 (世帯当たりの年間使用電力量を 3,300kWh)
③造成においては、沈砂池・調整池・土砂流出防止柵など防災設備を何重にも配 置し、河川等への水質汚濁等、環境と防災に配慮し、今後の太陽光発電所の林地開 発行為のモデルになると考えています。

概要

竣工日
所在地 北海道釧路郡町字遠野 31 -7他
PCS容量 26MW
太陽電池容量 33MW
ステータス 建設中
事業主 釧路メガソー ラ合同会社
設置タイプ 野建て
設備容量 特別高圧
特記事項 14.4MWh

地図

掲載情報