INTERVIEW

-社員インタビュー-

ここには大勢の仲間たちと力を合わせ、成長し続けていける環境がある

森 裕一

プロジェクト開発部 兼務 電力システム技術部 /2013年入社
前職では、通信機器メーカー、電子回路設計事務所などでの半導体設計、プリント基板設計を担当。
入社動機は「規模の小さな会社なら、幅広い仕事を手がけられると考えた」。

開発から現場マネジメントまで

メガソーラーのプロジェクトが効率的に、スムーズに進むためのプランを作成し、それに関連する業務を幅広く行っています。林地開発や土壌汚染の届け出など開発の許認可に関わる業務、電力会社との折衝、システム設計など。現場が動き出すと、現場に赴いてマネジメントも行います。案件数が拡大していくのに伴い、入社2年目からさまざまな業務を任されています。

毎日学びがあり、成長を実感

日々の仕事の中で楽しいと感じているのは、毎日のように新しい知識を身に付けていけること。私は電子分野の出身ですが、入社後は電気も勉強していますし、土木、施工管理、安全衛生、農業なども幅広く学んでいます。常に成長を実感できますね。
それに当社では、きちんと報告さえしておけば、自分の裁量で自由に行動できるんです。北海道、熊本、宮崎、福島…など、いろいろなところに行けて楽しいですよ。自分のアイデアもどんどん提案していける風土が気に入っています。

大勢の仲間と作り上げる喜び

電気のエンジニアとして、本当にいい仕事をさせてもらっていると感じます。最初に低圧配電盤の設計を1から10まで任され、徐々に規模の大きな仕事にチャレンジしていったので、ステップを踏んで発電所の作り方を覚えることができました。
今はプロジェクトマネージャーを務めています。現場ではさまざまな分野の専門家と一緒に働いているので、プロフェッショナルな仕事ぶりを間近に見られるのはいい刺激になりますね。
「自分の発電所」という思いがあるので、完成したときの達成感は大きい。仲間たちと喜びを共有できるのがうれしいです。

PAGE TOP