Case study導入事例

道の駅 木更津 うまくたの里

発電所概要

発電所データ

  • 年間発電電力量

    約56,160kWh (一般家庭約4,500世帯相当)

  • 設備容量

    17MW

  • 石油削減効果

    6,324kl /年

  • CO2削減効果

    11,100t - CO2 /年

本発電所の特長

□本システムの特長
① 高効率太陽電池モジュール335W(電力変換効率20%)を242枚(81kW)設置し※写真②、国内初納入のスマート・パワーステーション(SPS)には、大容量蓄電池(81kWh)とDCリンク方式のハイブリッドパワーコンディショナ(82kW )、そしてS・EMSをパッケージ化して開発した新システムを設置しています 。
② 本施設 全設備容量(約 280kVA )に対し、太陽光発電と大容量蓄電池 により、ピーク電力を安定的に約50kW削減します(ピークカット)。それにより、力の非化と買電電力量の大幅削減を図ります。
③ S・EMSにより、施設全体の消費電力量約 20~30%の買電力量を減らすことが可能です。(晴天時)また、本システム全体の動作を常時遠隔で監視 しています。蓄電池も含め15年の性能・機器保証を実現し、安心して運用する事が可能になります。

概要

竣工日 2017/12/20
所在地 千葉県木更津市下郡 1369 番 1
PCS容量 3.51kWh/㎡(年間平均、NEDOデータ)
太陽電池容量 81kW(パネル) / 2MW(PCS)
ステータス 竣工済み
設置タイプ 屋根置き
設備容量 低圧
特記事項

地図