Case study導入事例

熊本山鹿ソーラーパークC

発電所概要

発電所データ

  • 年間発電電力量

    39,411MWh

  • 設備容量

    34.4MW

  • 石油削減効果

    8,946.3 ㎘/年

  • CO2削減効果

    21,873.1 t-CO2/年

本発電所の特長

① 本発電所の開発エリアは45haに及ぶ大規模な丘陵地です。防災対策と地下水に配慮し、大規模な調整池とオンサイト浸透池を配置し、地形を生かした造成を行い、自社開発の3次元架台「スマートアレイ」により、斜面などに対応したアレイ(太陽電池架台ユニット)配置としました。

② 高効率太陽電池パネル275W・合計125,280枚(34.5MW)をアレイフィールド各所に分散設置し、太陽電池への影・方位・傾斜角のばらつきに伴うロスを最小化する為に分散型PCS(40kW)を採用しました。

③ 高度な保守管理を行う為に、遠隔にてストリングス毎の太陽電池のI-Vカーブを測定・監視するシステムを構築しています。

概要

竣工日 2017/08/03
所在地 熊本県玉名郡和水町岩字尾町1835他
PCS容量 30MW
太陽電池容量 34.4MW
ステータス 竣工済み
事業主 合同会社GSSE
設置タイプ 野建て
設備容量 特別高圧
特記事項

地図

掲載情報