Case study導入事例

岩手一関ソーラーパーク

発電所概要

発電所データ

  • 年間発電電力量

    2,453MWh

  • 設備容量

    2.4MW

  • 石油削減効果

    557.0㎘/年

  • CO2削減効果

    1,361.7t-CO2/年

本発電所の特長

□本発電所の特長
① 本発電所の周辺には農地と多数のため池があります。 そこへの流入水量が減らないように敷地内を3分割、それぞに調整池を設け、流域を変えることなく水量を確保しました。また、濁水が流出しないように2段階落とし方式の水路 設計を行いました。
② システムロスを最小化し、発電電力の最大化の為に、分散型PCS(49.5kW×40台)と昇圧トランスをアレイフィールドに分散設置しました。その事で影・方位・傾斜角のばらつきに伴うロスを最小化しています。
③ 自社開発の 3次元架台「スマートアレイ」 により、北下がりのアレイフィールド に高効率太陽電池パネル275W・合計8,904枚(2.44MW)を最適に設置しました。

概要

竣工日 2017/12/22
所在地 岩手県一関市花泉大又前32-1
PCS容量 1.9MW
太陽電池容量 2.4MW
ステータス 竣工済み
事業主 合同会社SS岩手一関
設置タイプ 野建て
設備容量 高圧
特記事項

地図

掲載情報